loading

LUNAWORKS

オンラインショップで購入

amazonで購入

お知らせ

イベント

[2018年2月17日] 菜月會×高月美樹「和暦で人日の節句」茶会

お茶を習っている人とも習っていない人とも、季節のうつろいに心を寄せる、
茶の湯の愉しみを分かち合いたいと考える表千家流社中『菜月會』(さいげつかい)と、
日本人に生まれたからには月の暦で暮らしたほうが色々と都合がよく、
素敵なことが見えてくるよ、と旧暦に沿った暮らしの愉しみ方を提案している手帖「和暦日々是好日」の編者、高月美樹さんによるコラボイベント
第二弾のお知らせです!

お節句とは五節句のこと。五節句、全部ご存知ですか?
上巳(じょうし)の節句(3/3「桃の節句」「雛祭り」)
端午(たんご)の節句(5/5「菖蒲の節句」「子供の日」)
七夕(しちせき)の節句(7/7「たなばた」)はよく知られていますが、
重陽(ちょうよう)の節句(9/9「菊の節句」)は認知度低め。
そして一年の始まりは、なぜかこれだけ1/1ではなく1/7で、
人日(じんじつ)の節句(1/7「七草の節句」)と申します。

今年の旧暦の元日は2/16なので、1/2に当たる2/17(土)に、
本当の時季にやる「人日のお節句のプチ茶会」を開催します!

内容は、
①京間の方丈の茶室で、お点前を見ながら一服。しつらえはすべて、お初釜っぽく、お正月仕様にいたします。
今回の目玉は主菓子。郵送不可のお菓子のため、ナナナナナント! 京都から手持ちで持って参る予定(正に馳走ですね!)。ぜひお召し上がり戴きたいです。また、ここでお茶を教えております深澤の、実家に伝わる江戸時代の手描き「享保花あはせ歌留多」(写真)も床に飾りますので御覧戴けます。

②「ゆうき丸」の足が伸ばせるテーブル席で、板長率いるプロ達によるプチ懐石料理、お正月の風情を込めた点心のお昼ご飯をお楽しみください。七草粥もお出しする予定です。

③風情あるプチコラム満載の贅沢な手帖「旧暦日々是好日」の編者、高月美樹さんによる「二十四節気と七十二候の楽しみ方」「お正月、人日の節句」「お花・虫・自然・季節」にまつわる、楽しくってためになる素敵な講話をお聴き戴けます。

この3席を、お待たせせずにスムーズにご案内できますよう、お席入りのお時間を決めさせて戴きまして、30名様限定でのご案内とさせて戴きます。「一度ちゃんとお抹茶体験してみたかった」方、「実は旧暦、月の暦に興味があった」方、「お着物を着てお出かけしたい」方(お着物が着られる方はぜひ着てきて欲しいのですが、もちろんお洋服でも構いません)、単に「おいしいもの、旧いもの、可愛いものが大好き!」という方も、ぜひぜひお誘い合わせのうえ、お申込みください。お待ちしております!

■イベント名:
第三回 本当の時季にやるお節句シリーズ
「戊戌(平成30年) 人日のお節句のプチ茶会」
10:30〜7名様   11:30〜12名様
12:30〜6名様   13:30〜6名様

■所要時間:各回2時間半〜3時間程度
■定員:31名様
■ところ:『ゆうき丸』&茶室『禮菴』(らいあん)
東京都中央区銀座8-9-15 ジュエルボックス銀座7F
(スワロフスキーのビルの上です)03-3574-8989
■茶券代:7700円(前納割引7000円(推奨★)(御食事代・税込・講話料込)

■お申込み方法:FBで「菜月會」「深澤菜月」「高月美樹」宛にメッセージを戴くか、もしくはRaian32★aol.comまで(★のところを@に変えて送ってください)。メールの場合は、タイトルに「2/17お茶会希望」と書いてくださいませ。その後、事前のお振込をお願いしております。何卒よろしくお願い申し上げます。
◼キャンセルポリシー:一週間前迄は無料、6日前〜4日前迄は30%、3日前〜2日前迄は50%、前日〜当日は100%
(ご返金の場合、振込手数料は御負担戴きます。尚、お茶券のお譲り、代わりの方のご出席は大歓迎です)
FBのイベントページはこちらです。
https://www.facebook.com/events/316707522171923/

一覧に戻る

アーカイブ