loading

LUNAWORKS

詳しくはこちら

下へスクロール

オンラインショップで購入

amazonで購入

和暦を楽しむ

/2月5日〜3月6日

季節の写真

睦月

寒さのゆるむ一瞬の中に梅の花がほころび始める。
一年の始まりは文字通り春とともにあった。
新暦の正月に「初春」や「迎春」の言葉を用いて言祝ぐのはその名残り。
「睦」の字は、聖なる場所を準備して神霊を迎えること。
転じて人々がそのために行き交い、睦み合うことを
意味する。この世のご縁、命の繋がり、和する心を確認する「結び」の月。

如月
梅や桃の花が咲く如月は、草木や虫たちがにわかに活動し始めるとき。
隙間から小さな草たちが懸命に芽を出す小草生月(おぐさおいづき)。
静かな雨が土をうるおし、草木がよみがえる「生更来」、
「草木張月」、まだ寒さが残る「衣更着月」。「気」が更に来る月。
春分を境にようやく陽気が優勢となり、桜が咲き始める。
長引く寒気との攻防戦が続く仲春は、寒暖の差が激しい。
吹き荒れる春嵐。花冷え、花曇り、花の雨。

お知らせ

もっと見る